THE UNIVERSITY OF HULL

ハル大学 The University of Hull 日本語ホームページ>> 大学の紹介 >> ハル大学の魅力・特徴

ハル大学の魅力・特徴

image

The 'Friendly University'

2007年に行われた‘留学生満足度調査(International Student Barometer survey)’において、ハル大学は56大学中第2位にランクインしました。 また、国内学生満足度調査では3年連続トップ10入りを果たし、87%以上の卒業生が、学習体験、生活体験、支援サービスの充実度をあげ、ハル大学を勉強に最適な場所として推薦すると答えました。さらに、学生時代の友人同士を再会させるウェブサイトとしてきわめて高い人気を誇るフレンズ・リユナイテッド(www.friendsreunited.co.uk) の最もフレンドリーな大学を選ぶ投票においても、2年連続でトップ5に選ばれました。アクティブなスチューデント・ユニオンを中心に、充実の設備を誇り、勉学・生活両面からきめ細やかなサービスを提供する、まさにFriendlyな大学です。

アカデミックな評判と近年の発展

1992年から2001年に実施した調査(サンデータイムズ紙報告)によると、ハル大学は20もの分野で優秀であるとの評価を受け、従来から定評のあるドラマ、政治、アメリカ研究だけではなく、化学や物理学といった分野においても高い評価を受けています。2001年のリサーチ・アセスメント RAE(研究水準に関する公的調査)では、音楽、歴史、英語、アジア研究、政治、法律、地理の7科目が国際レベルの5と評価され、今年2008年の調査においては更なる高評価が期待できます。 近年、薬学学位コースの開講が決定し、2009年9月に最初の学生が入学します。これは、2003年のハル・ヨーク医科大学の設立に次いで、ハル大学において急成長中のメディカル/ヘルスケア部門の更なる発展につながることでしょう。 2006年に出版されたEureka UK(過去50年間の発見・発展のトップ100を掲載した英国大学協会発行誌)にはハル大学の2つの研究が掲載され、その研究が国際レベルであることが証明されました。1つ目はハル大学で発見された液晶、2つ目は骨粗しょう症スキャナの発明です。

多様でフレキシブルなコース

ハル大学の学部課程では、1分野を深く学ぶ単一専攻 のほか、モジュラー制〈単位制〉を利用して2分野以上を並行して学ぶ複数専攻の学位取得が可能です。 専攻分野以外の授業を履修できるフリー・イレクティブ制を採用しているほかに、留学生には各種英語コースや、英語ファウンデーションコース(1年間)と学部コース(3年間)を組み合わせた4年間の学位取得プログラムを提供しています。

再生する街ハルで学ぶこと

Vibrant (活気に満ちた)、 exciting (刺激的な)、going places (進化する)- これは今日のハルの町を描写する言葉の一例です。 近年の再開発により、ショッピングやエンターテイメントはもちろん、町は文化的な魅力に溢れ、スタイリッシュなヨーロピアン・シティとして変化を遂げており、生活・学習には最適な場所と言えます。 その一方で、広々とした平野、起伏する丘陵、険しい海岸線といったイングランドが誇るヨークシャーの美しい景観がキャンパスのすぐ近くに広がります。 イングランド南部と比べると、 生活費が比較的安価な点も学生にとっては重要なことです。

訪問者別メニュー